1. ホーム
  2. 12〜18ヶ月頃
  3. ≫赤ちゃんにおすすめの無添加ウインナー徹底比較&選び方!子供のウインナーはいつから?

赤ちゃんにおすすめの無添加ウインナー徹底比較&選び方!子供のウインナーはいつから?

ウインナー比較

りんごママ

こんにちは✨りんごママです🍎✨
お忙しい中、当ブログにお越しいただきありがとうございます♫
このブログは子育てや離乳食について役に立った情報などを
忘備録として書いています♪

栄養士ヘイポ

りんごママとは調理学校の時からの親友のヘイポです。
私は大学で栄養士の資格を取得し、その後保育園に就職しました。
給食室で毎日、献立を考えたり調理をしています✨

りんごママ

離乳食で、ウインナーを食べさせる時期って悩みますよね。

・たくさんあるメーカーのウインナーから何を選べばいいのか?

・スーパーでウインナーを選ぶ時のポイントは?

・食べさせる時期や与え方は?

・おすすめのウインナーはどこの?

色々な赤ちゃんへ与えるウインナーの疑問をまとめました。

赤ちゃんへのウインナーの与え方・時期の目安

ウインナー

赤ちゃんのウインナーデビューの時期は?

時期

離乳食完了期(1才〜1才6ヶ月頃)

赤ちゃんへのウインナーの与え方

下ごしらえ方法

塩分や添加物を除去するために、下ゆでしてから与える

噛むのが苦手な子供には小さく切ってからあげる

皮なしの柔らかいものを選ぶ(粗挽きウインナーは硬く咀嚼(そしゃく)しにくい)

赤ちゃんへの市販ウインナーの選び方

栄養士ヘイポ

市販ウインナーを買うときは、無添加・無塩せき、国産豚肉使用と書いてあるものを選ぶようにしましょう!

りんごママ

無塩せきって、どうゆう意味??

栄養士ヘイポ

塩せきとは、ソーセージ・ハム・ベーコンなどの加工食品を、
原料肉を発色剤や塩・香辛料などの液に漬け込む工程のこと!

発色剤(亜硝酸Na)は健康に害を及ぼす危険性があるから、赤ちゃんにはとっても危険なの。

無塩せきは、「塩せき」をしていないので
発色剤や香辛料に漬け込まずに作ったものだから、赤ちゃんでも安心して食べられるのよ✨

発色剤(亜硝酸ナトリウム)ってなに?

亜硝酸ナトリウムは、食肉に含まれる物質と結びつき、
発がん性物質に変化し毒性も高いので
摂取し続けると、がんになる可能性が高まるとされています。

りんごママ

赤ちゃんに食べさせるものは、
発色剤(亜硝酸ナトリウム)を使用していない物。
なるべく安全な、無塩せきのウインナーがおすすめってことね✨

赤ちゃん・子供におすすめの市販ウインナー成分比較をしてみた!

比較してみた画像

ウインナー比較のポイント

その1無塩せき・無添加か?

その2国産肉100%使用・皮なし・粗挽きではないか?

赤ちゃん・子供におすすめのウインナー比較の結果

ウインナー比較

無塩せき・無添加か?

国産肉100%使用・皮なし・粗挽きではないか?

安全なポイントを全てクリアしているウインナーはパルシステムでした!

りんごママ

子供が小さいうちは、なるべく素材が良いものを食べさせたいので、
我が家ではパルシステムのウインナーを食べさせています✨

パルシステムのウインナ

それでは、それぞれのウインナーの詳しい成分を比較していきましょう

①フードリア こどもウインナー

②日本ハム 皮なしウィニー

③伊藤ハム ミニウインナー皮なし

④米久  あらびきポークウインナー

⑤パルシステム ポークウインナー

①フードリア こどもウインナー

フードリア

原材料

豚肉、鶏肉、豚脂肪、還元水あめ、
食塩、香辛料、大豆たん白、
野菜エキス、ポークエキス、
加工でん粉、炭酸Ca、
調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、
pH調整剤、酸化防止剤(V.C)、
発色剤(亜硝酸Na)、V.D、
着色料(カカオ色素)、
(原材料の一部に牛肉を含む)

・アンパンパンのイラスト入りでとても柔らかく、こどもでも食べやすい
・7大アレルゲン不使用だが、無塩せきではない
・豚肉と鶏肉の合挽(産地不明)

②日本ハム 皮なしウィニー

日本ハム

原材料

豚肉、鶏肉、結着材料(ポーク粗ゼラチン、大豆たん白)、豚脂肪、還元水あめ、食塩、ポークエキス、水あめ、香辛料/加工デンプン、未焼成Ca、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料抽出物、(一部に大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

・7大アレルゲン不使用だが、無塩せきではない
・豚肉と鶏肉の合挽(産地不明)

③伊藤ハム ミニウインナー皮なし

伊藤ハムのウインナー

原材料

豚肉、豚脂肪、鶏肉、還元水あめ、大豆たん白、水あめ、食塩、酵母エキス、香辛料、こんぶエキス、かつお節エキス、たん白加水分解物、醸造酢、コラーゲン、(一部に豚肉、鶏肉、大豆を含む)

・皮なしで無塩せきという条件を満たしているので、おすすめのウインナー

④米久  あらびきポークウインナー

米久のウインナー

原材料

豚肉、豚脂肪、でん粉、食塩(食塩中に島の粋塩92%使用)、野菜エキス、牛乳、糖類(ぶどう糖、砂糖)、香辛料、デキストリン、pH調整剤、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、パプリカ色素、(原材料の一部に小麦を含む)

・無塩せきだが、皮があり粗挽きなので離乳食には向かない

⑤パルシステム ポークウインナー

パルシステムのウインナー

原材料

豚肉(国産)、デキストリン、結着剤料(乳たん白、大豆たん白、(遺伝子組替えでない)、コラーゲン)、糖類(水あめ、砂糖)、食塩、香辛料、たん白加水分解物、オニオンパウダー、酵母エキス

・無塩せき、無添加、皮なし
・以前は含まれていた、たん白加水分解物も成分から除去
・原料肉は産直主体の国産豚肉(冷蔵の状態で使用)

赤ちゃん・子供におすすめのウインナー選びまとめ

無塩せきとパッケージに大きく書いてあるので、スーパーで探してみましょう!!

Check!無塩せき・無添加・国産肉100%使用・皮なし

Check!粗挽きではないものを選ぶ

りんごママ

スーパーで売っているウインナーは、無塩せきのものは少なく、
香辛料などが入っているものが多かったです。
パルシステムのウインナーは肉の原産国までしっかり記載がありました。
私が今回調べた中ではパルシステムのウインナーが一番安全という結果になりました。

タベソダ124

\タベソダを使ってみた感想やおすすめ品を紹介/
タベソダについてはこちら

パルシステムで購入できるウインナーについて

3syurui

パルシステムのポークウインナーの比較

ウインナー比べ

ポークウインナーとあらびきポークウインナーの比較をしてみました。

ポークジャケ

ポーク裏

粗挽きおもて

粗挽き裏

色や味の違いは?

比較1

ポークウインナー 左:右 あらびきポークウインナー
どちらも無塩せき&国産豚肉を使用してますが、

色が粗挽きの方が濃いです。

比較2

やはり子供に食べさせるなら、粗挽きではなく、ポークウインナーがおすすめです。

味は、どちらも美味しいですが、大人が食べるなら

粗挽きの方が食べ応えがあり美味しいかな?と思いました✨

タベソダ124

\タベソダを使ってみた感想やおすすめ品を紹介/
タベソダについてはこちら

離乳食や幼児食用のカタログyum yum

カタログ

yum yumというベビー&キッズ向けの食品を紹介しているカタログでも紹介されている、

鎌倉ハムのミニポークウインナーという商品です。

鎌倉ハム

こちらも食べてみました!

鎌倉ハム 無塩せき ミニポークウインナー

パルウインナー

原材料をみてみると、無塩せき・無添加・国産豚肉100%・皮なし という条件を満たしてます。

鎌倉ハムウインナーの成分

無添加なので、賞味期限が1週間程度なのでとても短いです。

添加物の入ったウインナーは1〜2ヶ月は日持ちするので、

購入したらすぐに使い切らないといけないですね。

無塩せき・無添加ウインナーのデメリット

①賞味期限が短い(保存料が入ってないため)

無塩せき・無添加ウインナーのメリット

①無添加&無塩せき
②国産肉を使用している
③賞味期限は短いが安全

鎌倉ハム 無塩せき ミニポークウインナー実食!

パルウインナー

まずはどんな味なのか気になったので

味付けなどもせずに軽くフライパンで加熱して見ました。

(初めて食べる際、低月齢の際は、お湯で茹でて塩抜きをするのがおすすめです!)

1才1ヶ月の娘は、かなり気に入った様子でウインナーを掴み食べでパクパク食べました。

ウインナーを食べる

フォークにウインナーをさしてあげたら、

上手に口の中まで運んでもぐもぐ・・・!

自分で食べられたのが嬉しかったようで、

この後もご機嫌でパクパク食べてくれました。

りんごママ

1才頃の自分で食べたい気持ちを尊重してチャレンジさせてあげたいけど、
ご飯だとべちゃべちゃになってしまい大変。
ウインナーは手も汚れないので、手で掴み食べの練習におすすめ!

フォークに挑戦

私が味見してみた感想

りんごママ

無塩せき&無添加と書いてあったので正直、
そんなに味は期待していませんでしたが、率直に美味しかったです✨
味も無塩せきですが、お肉の旨味がしっかり付いてました!
皮も柔らかいし、歯がまだ上2下2しか生えてない子も小さく切ってあげたら噛む練習にもなりそうです。

赤ちゃん・子供におすすめのウインナーはパルシステムから販売されている物がぶっちぎりで安全だった。

色々な市販のウインナーの成分をしっかりと調べてみて、ハム、ウインナーに関しては本当にパルシステムが優秀だと思いました。

ほとんどのメーカーでは原材料に 豚肉・豚脂肪 と表記してあり、国産なのか?外国産なのか?すら不明でした。

鶏肉が混ざっているウインナーもあり、中国産やブラジル産の鶏肉が使われている可能性もあります。

パルシステムの商品は、しっかりと100%国産(約90%が産直というパルシステム提携の農場の豚肉を使用)と記載があり、
本当に安心安全なウインナーを作りたいというパルシステムの本気さが伝わる。(笑)

中国産・ブラジル産の鶏肉や豚肉が危険なのか調べた記事も併せて読んでみてください。

パルは安全

栄養士ヘイポ

パルシステムのハムやウインナーなどの加工肉は無塩せき(発色剤を使わずに塩づけしたもの)で、他にも保存料、香料などの添加物が入っていないからおすすめです♫
そして、塩分も控えめで素材の味を生かしているので、赤ちゃんに安全なものをあげたい!という方にぴったり✨

小さく切ってご飯に混ぜてチャーハン風にしたり、カレーやシチューのような煮込みの具にしたり、

時間がない時のおやつにもできるので、ウインナーは便利!💡✨

赤ちゃん・子供におすすめの手作りウインナーのレシピ

近所に無塩せきウインナーが売っていない人や、

パルシステムの加入が難しいという人は、手作りするという方法も!

栄養士ヘイポ

電子レンジでも簡単にウインナーが作れるので、
市販品が心配な方は、手作りをするのも良いでしょう!

材料

*ひき肉(脂肪分が少ない部位がおすすめ)
*お好みの野菜みじん切り(にんじん、玉ねぎなどがおすすめです)
*つなぎ(片栗粉、卵)

作り方

①ひき肉、野菜のみじん切り、つなぎをミキサーに入れて混ぜ合わせる
(材料が少ない場合はビニール袋に入れて揉んでもOK)
②混ぜ合わせたものを、サランラップで細く巻き、くるくる巻きウインナーの形にする
③電子レンジで加熱したら完成!

ウインナーの他にもパルシステムには離乳食に便利な食材がたくさんあります♪

私が実際に使ってみたレビューをトップページに詳しく書いてあるので

ぜひ参考にしてみてください😊✨

TOPページへ