1. ホーム
  2. 9〜11ヶ月頃
  3. ≫レバー嫌いを克服したおすすめ離乳食✨“レバーのトマト煮込み”美味しくて鉄分たっぷり❤️

レバー嫌いを克服したおすすめ離乳食✨“レバーのトマト煮込み”美味しくて鉄分たっぷり❤️

レバーのトマト煮込み

りんごママ

鉄分は脳の発達にも影響があると言われているので毎日の献立に少しずつ取り入れていきたい栄養素!
癖があるレバーもトマト味なら食べやすいのでおすすめです♪
ご飯と混ぜたらトマトリゾット風になりますし、もちろん冷凍保存もできます。
レバーが苦手だった、娘もこのレシピでもうレバーは大好物❤️
おすすめの離乳食です💡

材料💡

レバー

  • レバー(今回は癖が少ない鶏のレバーを使用しました)
  • お好みのお野菜
  • トマトジュース
  • 片栗粉

レバーの下処理方法👌

レバーはとっても美味しいですが少しレバー特有のにおいがあるので、しっかりと下処理をして臭みをとってあげることでかなり食べやすくなります。
牛乳なしでもしっかり下処理できます!

レバーの下処理方法⑴レバーを流水でよく洗う❗️

レバーの下処理1

とにかく綺麗なお水で洗います!洗っていくと血みたいな色が落ちて少し色が薄くなってきます。
レストランでアルバイトしていた時にも流水でながしてレバーを綺麗に洗う方法で下処理をしていました❗️
これをするだけでびっくりするくらい臭みが無くなります。
15〜30分くらいかけて洗うのが目安です。

流水でレバーを洗い終わるとこんな色になります💡

下処理完了

購入してきた時と比べると全然違う色になります。
血の色が落ちてつるん。と綺麗なレバーの色になったらOKなので調理開始です!
下処理はたったこれだけ♪とっても簡単!🤓

作り方💡

⑴下処理が終わったレバーを食べやすいように細かく切ります。大きさはお子さんの飲み込みやすい大きさで大丈夫です。

⑵切ったレバーを茹でます。この時アクも出てくるので茹で上がったらレバーをお湯からあげて水気を切ります

茹でたレバー

⑶鍋にお好みの野菜(細かく刻んだもの)を入れてレバーと一緒に炒めます。

取り分け野菜

りんごママ

野菜は旬の物を使ったり、普段から好物のお野菜を使ったりお好みで大丈夫です✨
ちなみに今回はラタトューユを晩御飯に作ったので味をつける前に離乳食用に取り分けて取って置いたものを使用しました♪
こんな風に野菜スープやお味噌汁の具を味付け前に少し取り分けて取って置いて離乳食に使うと手間が省けて簡単に作れます❣️
野菜の大きさや、食べられる野菜かに気をつければ普段の離乳食作りにも活用できるのでぜひ”取り分け”て作ってみてみださい♪

りんごちゃん

今回はラタトューユのお野菜だったから、ズッキーニやパプリカ、玉ねぎが入ってたバブ!旬の野菜は栄養価も高いからおすすめバブ✨

⑷トマトジュース(食塩無添加)とお水を加えます🍅

トマトジュースを入れる

今回は無塩のトマトジュースを使用しました。
もちろん食塩無添加であればトマト缶などを使っても大丈夫です!
本物のトマトを細かくしてソース風にしても大丈夫です✨
私は簡単なのでトマトジュースをいつも使っています😊

トマトの酸味が少し強すぎるなという方は粉ミルクや牛乳、豆乳などを少し加えるとマイルドになってトマトクリーム味っぽくなります。

⑸煮込んで水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成❗️

レバー完成

お好みでとろみをつけてください。味見をしてみて少し物足りないようでしたら、お塩や無添加の鶏がらスープのもとを加えても大丈夫です。
バターを少し入れても風味が出て美味しくなります。月齢やお子さんの成長に合わせて調節してください♪🤓♡